アトピー治療の名医を見つける!

アトピーに悩むお子さん、ご家族が増えています。
アトピーの原因は、食品添加物や化学物質など色々言われていますが、はっきりした原因は未だ突き止められていません。
だからこそ、やっかいな病気。
多くの患者さんは、産まれた時から、もしくは、生後まもなく発症するようです。
赤く湿疹が出たり、ただれたり、皮膚がカサカサになったり、痒くて辛い病気です。
子供ですから、掻いてはダメといっても無理な話で、掻きすぎて、血が滲み、今度は痛みに苦しむという状態。
とにかく早く楽にしてあげたい、親としてはその一心で病院を探します。
アトピー治療に関する名医に診てもらうには、どうしたらいいのでしょうか?
うちのケースで言えば、大学病院に行くことです。
うちの場合、地方でしたので、最初は近所の町医者に連れて行きました。
しかし、小児科の専門医もおらず、きちんと診て頂くことができませんでした。
軟膏をもらうだけで、一向に改善する気配なし。
そんな時、親戚の家の近くにある大学病院に行ってはどうかと考えたのです。
大学病院には、もちろん、小児科の専門医がいます。
しかも、1人ではなく、複数の先生がいる。
実績や経験の豊富な先生や最新知識や技術を有する先生が必ず見つかります。
また、アトピーの子は、食物アレルギーを併発している場合が多いですね。
何にアレルギーが出ているのかの検査も、大学病院では直ぐにテスト結果が出ました。
さらに、食事療法なども的確な指示が出て、心強かった。
私が名医とあがめるドクターは、子供に優しく、親には厳しい先生でした。
でも、その厳しさが、子供の病気で打ちひしがれそうになる親の心を奮い立たせてくれました。
親がめげていては、子供のアトピーは治せませんから。
先生に怒られる私を優しくサポートしてくれた看護師さんたちの力も大きいです。